technique

近年は紙専門業者以外のユーザー様も増え、あらゆる業界でご使用いただくものを創っている私たち。
数十年前から変わらぬ品質でご使用いただいているものがある反面、
更に研究し高機能に改良しているものもあり、お客様のご意見ご希望に沿うべく日々努力しています。

技術紹介

白川製紙で承ることのできる主な技術をご紹介いたします。

抄紙技術
  • 染色技術

    染料・顔料での原料着色が可能です。

  • 混抄技術

    化繊・鉱物系材料の混抄が可能です。

  • 樹脂内添技術

    お客様の要望に応じた特性を備えた抄紙が可能です。

後加工技術
  • 各種後加工

    協力会社にて各種後加工が可能です。 ※要打ち合わせ

機械装置

白川製紙で使用している機械装置をご紹介いたします。

主要設備

  • 1号抄紙機

    円網ヤンキー

  • 2号抄紙機

    円網ヤンキー

  • 5号抄紙機

    円網ヤンキー

  • 6号抄紙機

    円網ヤンキー

  • 抄幅

    1000~1110mm

  • 抄幅

    1000~1270mm

  • 抄幅

    1600~2000mm

  • 抄幅

    1000~1350mm

  • 米坪(m2)

    14~30g

  • 米坪(m2)

    10~45g

  • 米坪(m2)

    14~30g

  • 米坪(m2)

    12~40g

  • 日産

    5~7t

  • 日産

    5~7t

  • 日産

    8~10t

  • 日産

    7~9t

ワインダー

  • 5基所有

    スリット幅

    105mm~2000mm

ワインダー

ご相談の流れ

製品開発のご相談~納品までのおおよその流れをご紹介いたします。

お問い合わせ

お問い合わせ

お客様の様々なニーズに合わせた製品開発をいたします。
まずはメールまたはお電話にてご連絡ください。

>お問い合わせフォームへ

下へ

打ち合わせ

営業担当がお客様を訪問いたします。ご希望の用途・機能・ご予算・納期を
もとに、検討資料を作成し、ご依頼内容の確認を行います。

打ち合わせ
下へ
試作

試作

素材、配合、生産条件などを検討し抄紙機をにてサンプルを作成します。
本番生産時の課題についても検討・改善を重ね、仕様を検討します。

下へ

品質確認

物性・性能試験を行い、品質の確認を行います。
より完成度の高い製品を生産するため、試験と試作を繰り返し行います。
愛媛県紙産業技術センターの試験機を使用)

品質確認
下へ
お見積り

お見積り

お客様に製品の仕上がりをチェックしていただき、その後お見積りを
作成させていただきます。

下へ

本番生産

万全の体制で本番の生産を行います。

本番生産

特殊紙開発のご相談・試作・お見積りなど、お気軽にお問い合わせください。