本社

profile

紙のまち愛媛の製紙会社。

白川製紙は1899年、愛媛県四国中央市で創業しました。
紙づくりを行う企業がひしめくこの地で、
磨きをかけた紙づくりの技術は100年経った今でも
色褪せず受け継がれ続けています。

紙づくりの現場は機械化が進んでいますが、
人の目による確認や手作業が必要な工程も多く、
熟練した職人の技は必要不可欠です。脈々と
受け継がれ続けてきた伝統と技術で、
これからもお客様のご期待にお応えいたします。

熟練した職人の技

わたしたちの原点。

紙は古来より文化や産業分野の発展に欠かせない素材です。
今後も多様化していくニーズや、世界規模で取り組むべき
自然環境問題に対しても大きな可能性のある素材であると言えます。

そんな紙に関する技術を追求し続けてきた私たち。
そしてそれを通して出会えた
多くのお客様の笑顔が、私たちの一番の宝です。

白川製紙は、いつまでも
原点である製紙業を軸として歩んでまいります。

原点である製紙業

時代に合わせた製品づくり。

明治に手漉き和紙から創業した弊社。近年は紙専門業者以外の
ユーザー様も増え、あらゆる産業の生産、
販売のパートナーとしてご用命いただいております。

これからも時代のニーズに合わせたものづくりをもって、
お客様のご意見ご希望に沿うべく
日々努力してまいります。

手漉き和紙
紙製品

「縁の下の力持ち」

白川製紙は、お客様の
「縁の下の力持ち」になりたいと考えております。

特殊産業用紙の開発はもちろん、
新商品立ち上げに企画・設計から貢献いたします。

また生産効率・歩留まりの向上にも
用紙開発という側面からお手伝いさせていただきます。

お困りごとがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

お任せ下さい!